ダイエットサプリの品質低下の影響と長期保存のポイント

長期保存ダイエットサプリが芸能人の間でも実践されているのはよく知られています。
ダイエットのための開発されたサプリの消費期限については、通常の生鮮食品ほど気を使わないのではないでしょうか?
消費期限を過ぎてしまったとしても、「これくらいならいいか」とつい手を出してしまうほど、劣化がわかりにくい商品でもあります。
ですが、サプリも長期保存向きとはいえあくまで食品なので、あまりに無神経になりすぎるのも考えものです。
見た目ではよくわからなくても、日数が経つほどダイエットサプリが効く作用が低下していくのは間違えようのない事実です。他の食品と同様に気を配るべきなのです。

■期限を過ぎた商品の服用は自己責任!

身体にとって一番良いのは、期限を過ぎた商品は基本的には飲まずに処分してしまうことです。
期限以降はメーカーでも責任は負えないので、万が一何か以上が起きても自分で対処するより他なくなります。

また、開封した後の消費期限と、パッケージに記載されている消費期限とでは違う点にも注意してください。
記載されている期限は未開封の状態で保存できる期間を指しているので、開封後は品質の劣化に合わせて別途期間を計算し直さないといけません。

■開封した後の期限はどうやってわかるのか?

商品の開封後は、残りの内容量に応じて服用量で割ると、簡単に消費期限の残り日数が計算できます。
例を述べるなら、残り30粒になったときでは、毎日2粒が服用の目安量だと、30÷2でああと15日以内に消費すればOKというわけです。

毎日忘れずに服用の目安量を守っていれば、商品の消費期限をすぎる心配はありません。
あとは、まとめ買いをしすぎて期限内に消費しきれないう事態を避けるためにも計画的な購入を心がけていれば、大丈夫でしょう。

■サプリを長期保存すコツを紹介

簡単なコツを意識すれば、商品の品質の定価を極力遅らせることもできます。
毎日ちょっとずつしか消費できないからこそ、品質を長く保つ工夫も欠かせません。

基本は、湿度の多い場所や日光が直接照りつけるところを避けて、できれば冷暗所に保存しておきましょう。
特に、湿気や日光がきつくなる梅雨から夏にかけては品質がみるみる劣化しやすくなるので、出した後放置しっぱなしは望ましくありません。